よあけまえ

宝塚歌劇の感想と雑記 Twitter@pearldawn0420

雪組ファントム観劇の感想

約1年ぶりのブログ。千葉厚木間の遠距離通勤によって廃人となるのを防ぐためにブログになんらかを書き連ねていたものの、その効果も希薄に。そしてとうとうツイッターもブログも出来ない体へ。

私は割と書くことに抵抗力ないタイプなのにそのハードルも越えられない体力のなさ気力のなさはやばいんですよ。

いやーやばかった。なんだかんだで体力取り戻しつつある。

それはなぜか。

良質なインプットがあったからと言えよう!そう!雪組ファントム観てきました!

 

凱旋門ガトボ二も観劇してるのでこの流れにはいささか言い訳が必要なんだけども単に凱旋門ガトボ二中は社内異動したばかりで落ち着かなかったからさ。

対人関係とかに体力振ってたからさ。

凱旋門ガトボ二明けはずっとパララパララパララ〜からのガートボニートループでした。ラテンショーすち。

 

というわけでファントム観ました。

 

結論から申し上げますと、最高でした。爆裂に良い。舞台装置、歌、芝居、ビジュアル、全てが最高。感謝しかない。生きててよかったしこれからも生きたい。

愛のよさみがパワーフルスロットル。

 

ご贔屓がますます美しくなってて、歌もますますお上手になられて、お芝居もすんごくて人生の縮図を感じさせるキャリエールになってらして尊かった。

思い出すと涙が滲むほどに、よいキャリエールでした。

葛藤、後悔そして愛情。父親としての覚悟。表情からも、声からも、背中、仕草のひとつひとつからもそれらが表現されてました。

特に声は史上最高に素敵でした。

大人の深みまで身につけて、ますます色香が増した咲ちゃんがそれを解き放つフィナーレの銀橋は最の高。コレクターズエディション。妖艶。皮膚がセクシー。眼差しは色っぽすぎ。階段降りはそれをなかったことにしてるけどすべてを内包してる大人の深みのある色香がすごいキャリエールで、見てるこちらは鼻息荒くなっちゃって毛穴という毛穴から鼻息?毛穴息?が出てって酸欠です。

特に二幕は最初から最後までずっと拝みぱっなしでした。

 

もちろんもう誰もが言ってるけど、銀橋でエリックと二人きりの場面のキャリエールから溢れる愛情はすごいです。

劇場全体を包み込んでいき観客皆がエリックに一瞬なってる感じすら。

愛情が服着て手を広げてるとかのぞみさん言ってますけどほんとだよ。

 

フィナーレ、咲ちゃんシルバー燕尾で歌い踊るのですが、ダンスすっごいかっこいいの。視線、目つきがたまらないの。

表情も妖艶でかっこよくてすごいのでBD早くしてくださいとむせび泣く日々がはじまっております。

 

我らがトップはねー、すごいんだよ。

歌も上手すぎだし、感情が歌にのってて劇場の隅々まで届いてるの。

エリックを悲劇的な主人公って思ってたけど演じてみたらすごく繊細な感情豊かでパワーのある人物だったって語ってらしたけど、その解釈を知らなくてもそれが届くのですよ。

エリックって純粋で素直で感受性豊かな素敵な青年なんだな、境遇と筋はたしかに悲劇的だけどなんて愛すべき人物なんだろう、愛しいって私は感じたのだけどそれはまさしくのぞみさんのお芝居の素晴らしさから来てるのだと信じてます。

 

それにしても、もービジュアルが最高すぎてさー。

長髪似合いすぎ!その生え際の感じほんとセクシーなだけだからやめて!っていう。青年ぽさと純粋さからくる幼さや素直さの合わせ技一本!優勝です!

説得力が違いますわ。エリックを容赦なくわからされる。そして歌声で引き込まれ感情を揺さぶられる。

ビジュアルも耽美でね、たまらないですよ。

フィナーレは半分エリック残しなんですよ。

そんななかの燕尾群舞は最高にかっこいい。

エリックが人前に立てる存在だったらこうしてオペラ座で活躍してたのかもしれないという気持ちで涙止まらないし、単純に長髪燕尾ののぞみさん最高にイケメン。

 

デュエダンなんてクリスティーヌとエリックが踊ってるだけ。いいもの見させてもらってるーというだけ。至高のデュエダン。銀橋で仮面はずす仕草の振り付けがあってそこから二人が抱き合うんだけど、クリスティーヌの愛がこわいの?信じきれないの?一回離れちゃうのをクリスティーヌが抱き寄せて、安心と幸福でいっぱいの二人の抱擁でフィニッシュ!!!すてきすぎ!!!!ここが、ほんとのラストシーンだ!!!!

 

つーわけで、そうなの。きぃちゃんクリスティーヌが、すごいの。天使なの。

歌い分けもうまいし、心優しくてさすがエリックの審美眼を通っただけあるっていうクリスティーヌなのよ。

割と回想シーンはキャリエールの話し聞いてるだけでこれといったことないんだけどその話聞いてるクリスティーヌのままいられる集中力の高さがほんとにプロってすごかーとそんな意味でも感心しきり。

クリスティーヌはちゃんと、ほんとに、エリックと真摯に向き合ってたんだなーって思うとやりきれない気持ちになります。

仮面をとったエリックを見たときのクリスティーヌとそれを後悔しているクリスティーヌ、その前までのクリスティーヌ、全部ひとりの愛情深い女性なのよね、と切なくなります……お芝居も歌も上手くてなんかずっと感謝してる…。

 

ひらめちゃんのマリア信仰のところの迫力がやばいのでやはりはやくBD出てください。

 

妹がね、オペラ座の怪人推しなんですよ。ちょっとわかんないよね?私もわかんないんだけど、オペラ座の怪人をはじめ、それをモチーフにしてるものとかインスパイア受けたものとかが好きなの。

金田一少年の事件簿とか好きなの。怪人二十面相とかも好きで小林少年にも詳しいの。

羨ましくてね。オペラ座の怪人オタでかわいくて運動出来るっていう強いキャラクターの妹が。シスコンに拍車かかるわ。へたな男と結婚して欲しくないわー。このレベル高い趣味とか理解してくれる殿方いたら妹の前になる早で現れておくれ。

 

なもんで、妹にもBD出たら買ってあげようと思っています。布教布教!

 

母もオペラ座の怪人のお話なら見たいわーとか言い出していたので、東京公演行けたら行こうかしら。

あとは夫に咲ちゃん見せたいのでチケットの神さまよろしくお願いします。

 

というわけでですね、ファントムは神舞台で咲ちゃんははちゃめちゃにかっこいいので私はなんとか年を越せそうです。