読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よあけまえ

好きなことを好きにかく日記

ダウンタウン浜田(27)

好き

30歳のわたしにとって、ダウンタウンといえばごっつええ感じであり、ガキの使いやあらへんでである。

 

 

しかし当時のわたしは彼らのコントやフリートークを受け止めるには幼かった(し、夜遅かった)。

残念ながら、ごっつええ感じは小学生にはいささか高度だった。

願わくは中学高校を共にしたかった。いや、いままさにごっつええ感じを日曜夜に見てみたい。

年上のみなさんがうらやましい。

ガキの使いのフリートークもいままさに堪能したい。

 

ダウンタウンについて語られる記事は、松本人志について文字数が割かれてることが多い印象があるがどうだろうか。

 

あ!この日記はお笑い論でも、いまコントを!とか浜田雅功の方が功労者という内容ではない。

 

わたしはいま猛烈に浜田雅功がかわいくて仕方ないのである。

 

かわいくてたまらなくてiPhoneに指を滑らせている。

 

30歳にならないくらいの二人のフリートークを見ていると、とにかく浜田雅功がかわいいのである。

たぶん27歳くらいの彼である。

声がかわいい。

つっこみがかわいい。

声がちょっとうわずっていてキュンとする。

ヤクザなの?乱暴者なの?ほんとに?

ごっつかわええ感じなんだけど。

 

顔もかわいい。

笑うとくしゃっとなるのがかわいい。

皮膚がまだ薄くてかわいい。

 

寿司屋の出前に怒り狂ってもかわいい。

 

 

松本のエピソードトークをフォローしていてかわいい。

 

なぜわたしは同世代に生まれなかったのでしょうか。

 

若かりし日の浜田雅功のせいで?おかげで?今年のリンカーン運動会は浜田雅功をひいきしてしまった。

 

ひいきめでなくても、すてきかも…とすら思っている。

 

 リーダシップ!求心力!

発声!スパルタ!応援!

ちゃんとしようや!

 

そしてわたしはいま浜田雅功が好きすぎて、小川菜摘が好きだ。

よくぞ浜田雅功をお選びになった。あるいは浜田雅功に選ばれた。

ありがとう菜摘!

わたしはきっと菜摘のような立派な嫁になるよ!